考えごと

ソロダンスとペアダンスの違いについて考える

あくまで私の所感となりますが、一人で体を動かして成立するダンスと、
二人でなければ成立しないダンスについて、
感じていることを取り留めなく書いていきます。

言いたいこととしては、
ペアダンスは「お互いがなければ成り立たないと心から思えるダンス」
「この一瞬に没入出来るライブ感満載の遊びである」です。
「だから皆さんも一緒にやりませんか?」というお話です。

私はスウィングダンスを始めて1年程です。
ジャズやブルース、ビッグバンドの演奏と共に、(基本)男女ペアで踊るダンスです。
男性が指示(リード)し、女性がついていく(フォローする)という役割です。
舞台でやるショーやコンテストなどでは振り付けが決まっているものもありますが、
ソーシャル(社交場でその場に居合わせた人と打合せなしで踊ること)で
ダンスする場合は、全てがアドリブになります。

これがアドリブなの!?と初めて見る人は驚かれると思いますがアドリブです。
その時かかる音楽も、人も、ダンスの力量も違うので、
毎回のペアダンスが唯一無二のものとなります。
その一瞬の体験を、ペアの二人が共有することが出来るのが、
ソロダンスとペアダンスの大きな違いと言えると思います。

私はソロダンス(一人で成立するダンス)で、全国規模の大会で入賞したことがあります。
本当の素人、よりは多少感覚的にわかっていることが多いとは思っています。
ペアダンスでのフォローの役目である「自分の意思は存在せず、他人の指示に従う」動きというのは、
とても新鮮であり、人に身を委ねるという行為について考える切っ掛けとなりました。

話は飛躍しますが、「君の存在が必要だ、と真正面から言い合える関係」って、
多くはない印象です。
得難い体験だと思っています。
私にとって得難い体験なだけかもしれませんが。
それがペアダンスにおいては基本的な考え方になります。

リードはフォロがーがなければ成立せず、
フォローはリードがなければ成立しない。

リードをするのは一般的には男性が多いです。
でもリードが上で、フォローが下という関係ではないんですね。
お互いがこの音楽が奏でられている一瞬のために、
「最大限良いアクションとリアクションを取りましょうね」
という合意のもとに行われています。

ABOUT ME
いぇん
「ぶらっと、」を運営しているお一人さまです。 テーマは《本の感想》 《おひとりさまな生活》。実感ある生活を大切にしたいと思っています。 || 0型、牡牛座、芸術系大学中退、うつ病歴あり||

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA